新着情報


オンライン・プレゼンは、対面の応用版。

2021年12月01日

 プレゼンの基本は、「対面」にあり。

 プレゼンと言えば、「対面」の時代が長く続いてきました。これまでも、TVやビデオなどの「映像」を通したプレゼンがありましたが、一般的ではありません。

 今のオンライン・プレゼンは、一般のビジネス・パーソンが日常の仕事で「ビデオ会議システム」を使ったプレゼンです。

 プレゼンのノウハウは、「対面」を前提に研究されてきました。したがって、プレゼンの基本は「対面プレゼン」にあります。

 「守・破・離」でいえば、「対面の基本」は「守」。オンライン・プレゼンは「破」にあたります。「対面」の応用として「オンライン」の状況でプレゼンするということです。

 「成功するオンライン・プレゼン」は、「対面」で体得した知識と技術を活かすことがとても重要です。

 「オンライン・プレゼン」に必要な、「ビデオ会議システム」の機能やパワーポイントの作成方法などは枝葉のノウハウであり、実践においては最低限のレベルで十分であり(知らないとダメです)、「プレゼンの成功」を左右するものではありません

 新しい知識や技術を「学びたい気持ち」は、とてもよいです。しかし、それが実践において「成功の決め手」になるわけではない、ということを覚えておきましょう。

 プレゼンの学習モデルとしては、「メラビアンの法則」がよく使われます。

 「対面」であれば、「外見・態度(55%)」「話し方(38%)「話の内容(7%)」なので、外見・態度・話し方で失点せずに得点し、話の内容の記憶率を高める努力をします。

 「内容」はともかく、よい印象が成功のポイントになるプレゼンも多いのです。内容は「コンテンツ」、伝え方は「プロセス」といいます。

 コンペの場合、「コンテンツ」がほぼ同じなら「プロセス」がよい方が勝ちます。しかし、今日のコンペでは、「伝え方」に大きな差がでません。

(プレゼンターは訓練を受けているので、みんなちゃんとプレゼンします)

 今日のビジネス状況は、「コンテンツ」が重視されますので、「効果が出る提案」「他との差別化」「問題解決策」「新しいノウハウの提供」などのコンテンツが勝負を決めます。

(プロセスが、よいコンテンツを凌駕することは、ビジネス・プレゼンにおいて一般的に困難です。)

 このコンテンツが、「成功するオンライン・プレゼン」の重要なポイントになります。

≪続く≫ 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆      

『組織調査』をご提案します。~企画から実施、課題解決まで~

【社員意識調査】社員が日頃考えていることや、感じていることを調査します。

 ⇒社員満足の向上、組織の活性化、モチベーション向上策に活用します。

【顧客満足調査】お客様/取引先の真のニーズ、競合の活動を調査します。

 ⇒売上向上、商談力向上、商品開発、競合対策に活用します。

 047-426-4657(代表)/arai@mets-c.jp お問合せお待ちしております。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


管理者が「いつ」「何を」すればいいか、教えてくれる。

2021年11月30日

 管理者の仕事は、1年間で職場の目標を達成することです。「いつ」「何を」すればよいのでしょうか。

 制度が「スケジュール」と「やるべきこと」、「必要な道具(帳票類)」まで提供してくれます。管理者にとってとてもありがたいことです。

 制度や帳票類は、あくまで枠組みを提示しているのであって、どう活かすかは管理者の運用能力次第です。結果責任は管理者にあります。

≪目標設定から評価結果の通知までの年間スケジュール(会計年度3月末の場合)≫

4月 ①部・課・部下の目標設定  ②目標設定面接の実施

5月 ③目標の確定後、部下へ通知

6月~9月 ④上期のレビュー(毎月1回実施) ⑤期中指導の実施

10月 ⑥上期末育成面接 ⑦フィードバック

11月~2月 ・異動者がいる場合は、異動前の前部署での評価と異動後の目標を設定する。 

・上期同様にレビュー、期中指導を実施する。

3月 ⑧人事考課(4月~2月) ⑨期末育成面接・フィードバック」

「スケジュール」と「やるべきこと」が決まれば、管理者の気持ちは安定し、組織や職場、部下を計画的に動かすことができます。

 改めて、自社の制度をよく理解し、「制度運用の研究」をしましょう。制度を運用することで実践的なマネジメント能力が身につきます。

 その結果、目標が達成し評価が上がります。個人の「キャリア開発」「自己実現」に直結するので、人事部門は最優先で「目標管理実践研修」を実施しましょう。

≪続く≫

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆      

『組織調査』をご提案します。~企画から実施、課題解決まで~

【社員意識調査】社員が日頃考えていることや、感じていることを調査します。

 ⇒社員満足の向上、組織の活性化、モチベーション向上策に活用します。

【顧客満足調査】お客様/取引先の真のニーズ、競合の活動を調査します。

 ⇒売上向上、商談力向上、商品開発、競合対策に活用します。

 047-426-4657(代表)/arai@mets-c.jp お問合せお待ちしております。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 


「目標管理制度」は、マネジメントを高品質で標準化させるツールなのだ!

2021年11月29日

 あなたは、「どうしたら、職場の目標を達成させられるか」知っていますか?

 「それがわかっていたら、苦労はない」

 確かにそうですが、「目標管理制度」は管理者に多くのヒントを与えてくれます。何事も、0から1を生み出すことは大変困難です。

 新任管理者は、職場の目標達成活動経験が0ですから、初年度から自分のやり方で1年間の目標を達成することは、とても難しいです。

 だから、前任者が立てた計画を前任者と同じように実行して、1年間の様子を見ます。ベテラン管理者であれば、経験を活かして高い確率で目標を達成することができるでしょう。

 しかし、今日のマネジメント環境は、過去の経験が活かせないほど、変化が激しいので、ベテラン管理者でも目標達成できるとは限りません。

 足元の実績が不安定では、企業経営は将来予測もできず投資計画もつくれません。会社は、実績を安定させたいのです。

 実績を安定させるには、目標達成活動の「高品質・標準化」が必要です。

 「実績の上がる質のよいマネジメント」を、「管理者全員」ができるように標準化させる必要があります。その方法が、「目標管理制度」です。

 経験が少ない管理者ほど、積極的に「目標管理制度」を活用すべきです。

 次回、「目標管理制度は、何を標準化するのか?」 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆      

『組織調査』をご提案します。~企画から実施、課題解決まで~

【社員意識調査】社員が日頃考えていることや、感じていることを調査します。

 ⇒社員満足の向上、組織の活性化、モチベーション向上策に活用します。

【顧客満足調査】お客様/取引先の真のニーズ、競合の活動を調査します。

 ⇒売上向上、商談力向上、商品開発、競合対策に活用します。

 047-426-4657(代表)/arai@mets-c.jp お問合せお待ちしております。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


プレゼンテーションは、一発勝負!

2021年11月28日

 大事なプレゼンテーションのチャンスは、度々あるものではありません。

 1回のプレゼンを成功させなければいけません。そのためには、準備がとても重要です。対面でもオンラインでもこの点は、同様です。

 プレゼンの前に、次の点を分析してから具体的な準備をしましょう。

≪3P分析( Purpose  People Place)≫ 

(1)プレゼンテーションの目的(Purpose)を分析する。

 成功とは目的の達成のことですから、何のためのプレゼンで、どのような結果(目的が達成された姿)を出すのかはっきりさせましょう。1回で大きな成果を出すのか、次回のプレゼンにつなげるプレゼンなのか。

 目的によって、この後の準備はまったく異なりますので状況をよく理解して現実的な目的を設定しましょう。

(2)プレゼンテーションの相手(People)を分析する。

 プレゼンには、必ず相手がいますので目的を達成するために相手を決めて分析します。重要なプレゼンほど意思決定者に直接プレゼンすることが必要です。

 意思決定者にインパクトを与え、同意されることが成功のポイントなのでその「人物」の経歴や立場、権限、方針、など公式的な(組織上の)情報。

 その人の好きなこと、嫌いなこと、趣味や友人などの私的な人間関係など属人的な(その人の特長など)情報を収集して分析します。

 その「人物」に受け入れられる、興味をもたれる、好かれるための工夫をします。

 最も重要な情報は、「ニーズ」です。相手が求めているものは何か。「ニーズ」に合っていないプレゼンは、成功しません。相手にとって「必要のないプレゼン」は、時間のムダでしかありません。

 あなたが準備しているプレゼンは、相手にとってどんな「利益」があるのでしょうか。

(3)プレゼンテーションの環境(Place)を分析する。

 オンラインであれば、通信環境の調査が重要です。インターネットを活用するオンライン・プレゼンは、通信環境の影響を強く受けます。

 先方がプレゼンを受ける場所、集合か個別か、会議室か自宅か、大型モニターかモバイルPCか。

 相手の環境によって、準備は全く違うものになりますので「確認」と担当者との綿密な「事前打合せ」が重要です。

 当日になって「想定外の事態」が起これば、成功の確率は極端に下がります。

 〇研修では、ワークシートに書き出す実習を行います。

≪続く≫

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆      

『組織調査』をご提案します。~企画から実施、課題解決まで~

【社員意識調査】社員が日頃考えていることや、感じていることを調査します。

 ⇒社員満足の向上、組織の活性化、モチベーション向上策に活用します。

【顧客満足調査】お客様/取引先の真のニーズ、競合の活動を調査します。

 ⇒売上向上、商談力向上、商品開発、競合対策に活用します。

 047-426-4657(代表)/arai@mets-c.jp お問合せお待ちしております。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


オンライン・プレゼンテーションを成功させる絶対条件とは、何か?

2021年11月27日

 それは、「つながっている」ことです。

 オンラインは、物理的な距離を問わない便利なシステムですが、通信不良であれば、プレゼンテーション自体が不可能です。

 通信システムは、改善されてほぼ安定しています。事前準備も周到にします。しかし、つながっているとしても「映像・音声」の不良は、時々ありますね。

 「通信環境」は、オンラインの特徴であり弱点でもあります。対面プレゼンテーションの場合は、「パワーポイント」が起動しないとか、PCがフリーズするとか、PJとのケーブル不具合などでトラブルこともありますね。

 対面の場合の対応としては、事前にデータを送っておくとか現場でPCを代えるなどで対応します。極端な話、資料やスライドを使わないプレゼンも可能です。

 プレゼンターの自信にあふれた安定したメンタルは、成功する条件の一つです。プレゼン直前に通信不良が発覚した場合、とても冷静ではいられません。シナリオも飛んでしまうことでしょう。

 さて、「良好な通信環境」含めて、「成功するオンライン・プレゼンテーション」の条件は、以下の通りです。

≪成功するオンライン・プレゼンテーションのポイント≫

1.通信環境を整備すること。

2.効果的なプレゼンテーションの準備をすること。

  (1)プレゼンテーションの目的を明確に決める。

  (2)相手のニーズを確認しておく。

  (3)相手がプレゼンテーションを受ける場を確認しておく。

  (4)わかりやすいシナリオ(構成)を準備する

  (5)シナリオに対応したスライドを作成する。

3.効果的なプレゼンテーションを実施すること。

  (1)シナリオ通りにプレゼンを進める。

  (2)状況に対応したプレゼンを進める。

  (3)時間以内にプレゼンを終える。

 どれも基本的なことですが、成功するには成功する理由がありますので、それぞれの条件を確実に整えることが大事です。

 「オンラインならでは」の注意点と工夫は、次回に。 

≪続く≫

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆      

『組織調査』をご提案します。~企画から実施、課題解決まで~

【社員意識調査】社員が日頃考えていることや、感じていることを調査します。

 ⇒社員満足の向上、組織の活性化、モチベーション向上策に活用します。

【顧客満足調査】お客様/取引先の真のニーズ、競合の活動を調査します。

 ⇒売上向上、商談力向上、商品開発、競合対策に活用します。

 047-426-4657(代表)/arai@mets-c.jp お問合せお待ちしております。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


≪ 過去の記事 |